ピザパン


Baking note*


   ふんわり、軽い食感のパン生地でピザパンを焼きました。
   私が小・中学生のころ ( 昭和時代 )、ピザは今のように身近な食べ物では
   ありませんでした。 当時、ピザと言えばピザパン。  パン屋さんで並んでいた
   ピザは薄くのばしたパン生地をピザ生地に見立て、スライスオニオン、ピーマン、
   ソーセージとチーズをトッピングし焼きあげた、憧れのお惣菜パンでした。
   懐かしい昭和の味がする、ピザパンを作ってみませんか?
   冷蔵庫に残っている野菜など、お好きなものをトッピングしてくださいね。


   
材料 ( 6枚分 )


パン生地

強力粉 ・・・・・ 250g
ショートニング ・・・・・ 20g
砂糖 ・・・・・ 20g 
塩 ・・・・・ 5g
スキムミルク ・・・・・ 10g
インスタントドライイースト ・・・・・ 4g
水 ・・・・・ 170ml

   
トッピング

ピザソース ・・・・・ 適量
ミニトマト ・・・・・ 適量
タマネギ ・・・・・ 適量
ピーマン ・・・・・ 適量
ウィンナー ・・・・・ 適量
ピザ用チーズ ・・・・・ 適量

トッピングはお好みのものでどうぞ♪


作り方




パン生地をこねている間に、トッピングを用意する。 
あらびきウィンナーは茹でて、適当に切りそろえる。 タマネギはスライサーでスライスし、
水にさらした後、ガーゼで包み、水気をしっかりとしぼる。 ピーマンは細切りにし、
水気をキッチンペーパーでふきとっておく。 ミニトマトは 半分に切っておく。 
野菜の水分が残っているとパン生地がべちゃべちゃになるので、できるだけしっかりと
キッチンペーパーなどでふきとっておきましょう。








HBの 「生地作り」コースでパン生地を作る。
生地が出来あがったら、打ち粉をふった作業台にとりだす。
デジタルスケールで計量し、6分割する。
分割した生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きし、生地を外側から
中心に集めるようにして丸め、中心をしっかりつまんで閉じ、かたくしぼった
ぬれふきんをかけ、10分休ませる。








ベンチタイム終了後、生地を2の要領でキレイに丸めなおした後、めん棒で円形に
押し広げる。 大きさの目安は 9号サイズのアルミカップを平たくした大きさです。
押し広げた生地を平らにしたアルミカップの上に置く。












成形した生地をオーブンの天板に並べ、生地に軽く霧吹きした後
オーブンの発酵機能を使い、二次発酵させる。









二次発酵後、パン生地のふちを少し残し、中央をコップの底で押して
少しくぼませ、フォークでガス抜き用の穴を開ける。














4の生地にピザソースをぬり、下準備しておいた野菜、ウィンナー、
ピザ用チーズをトッピングする。








あらかじめ、190度に温めておいたオーブンで約15〜20分程度、焼成する。 
オーブンによって焼き加減が微妙に違うので、焼成時間はご自分で調整してください。 








* Copyright © since 2004 Sweet Country* All rights reserved *