パネトーネマザーの食パン


何度も失敗を繰り返して、やっとホームベーカリーで
釜伸びもよく、ふわんふわんのパネ食が焼けました。
ホシノ天然酵母とは、ひと味違うパネトーネマザーを
一度、試してみませんか?

+++ 材料 HB 1斤 +++

強力粉 220g
薄力粉 30g
有塩バター 30g
砂糖 20g
3g
パネトーネマザー 11g
190ml
スキムミルク 10g





 

ホームベーカリーのパンケースにバターと水以外の全材料を入れ、
よ〜くかき混ぜる。バターを一番上に置き、水を入れる。
ドライイーストの食パンコース、焼き色「普通」で焼き上げる。 
※水の量は必ず、190mlにしてください。

 
あちこちのパン作りサイトで、ホームベーカリーでパネ食を作るとき
バターを後入れすると記載されていますが、ナショナルのSD-BT103で
つくる場合は、後入れすると釜伸びが悪くなるので、最初から一緒に
入れてください。10回以上、色々と焼き方を試作しましたが、この方法が
一番、釜伸びもよく、ふっくらと焼きあがりました。
他メーカーのホームベーカリーをお使いの方や国産小麦をお使いの方は
申し訳ございませんが、別の方法でお試しください。






パネトーネマザー は焼き上がりのしっとり感と豊かな風味のパン用酵母です。
イタリアで長く植え継いでこられたパネトーネ菌を小麦粉で培養し、
そのまま乾燥し粉末化したものに、24%のドライイースト(フェルミパン)を
加えたものです。


Copyright © since 2004 Lela Rosa All rights reserved