Advertisement*














ブリオッシュ・ア・テット


            

     発酵バターと卵の豊かな風味が贅沢なフランス生まれのテーブルロール。
     つやつやの生地のクラムはしっとりしていて、口溶けもよく、ふわふわ〜♪
     市販のブリオッシュよりも、バターも甘さもひかえめで、さっぱりとしていますが
     後からじわじわとおいしさがやってきます。 
     サバランのようなデザートにもアレンジしやすい味です。


  

     強力粉 ・・・・・ 200g
     ドライイースト ・・・・・ 4g
     発酵バター ・・・・・ 50g
     スキムミルク ・・・・・ 10g
     塩 ・・・・・ 3g
     砂糖 ・・・・・ 25g
     水 ・・・・・ 75g
     全卵 ・・・・・ 45g


    * 照りだし用のドリュール *

     溶き卵 ( 全卵 ) ・・・・・ 10g
     水 ・・・・・ 小さじ1

  





ホームベーカリーの生地作りコースで、パン生地を作る。
生地が出来あがったら、打ち粉をふった作業台にとりだす。
20g×6コに分割後、残りの生地をさらに6分割する。
各生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きし、生地を外側から中心に
集めるようにして丸め、中心をしっかりつまんで閉じ、かたくしぼった
ふきんをかけ、8分休ませる。分割する数が多いので、生地が乾燥しない
ように、気をつける。







ベンチタイム終了後、大きい方の生地を 1 の要領で丸め、
小さい方の生地は しずく形に成形する。







丸く成形した方の生地の中央に指を差し込んで穴をあける。
あらかじめ、指に打ち粉をしておくと、作業しやすいです。
指を入れて、クルクル回しながら穴を広げ、ドーナッツ型にする。
穴はすぐに縮むので、大きめにあけておくこと。







3 の穴に、あらかじめ しずく型に成形した生地を差し込む。
土台の生地の表面を下に送り込んで表面がツルツルになるようにして
丸める。 下に送り込んだ生地の合わせ目を指先でしっかりつまんで閉じる。







生地をアルミカップ、または、ブリオッシュ型に入れ、軽く霧吹き後
オーブンの発酵機能を使い、二次発酵させる。










二次発酵後、生地に照りだし用のドリュールをぬり、180℃のオーブンで
12〜15分、焼成。 オーブンによって焼き加減が微妙に違うので、焼成時間は
ご自分で調整してください。




  Copyright © since 2004 Lela* All rights reserved