Advertisement*














てるてる坊主パン


            

     雨の日は おうちで 可愛い てるてる坊主のパンを作ってみませんか?
     ふわふわのパン生地でできている、てるてる坊主の頭と体には
     おいしいカスタードクリームがたっぷり入っています♪


  

    * パン生地 *

    強力粉 ・・・・・ 250g
    無塩バター ・・・・・ 25g
    砂糖 ・・・・・ 30g
    塩 ・・・・・ 5g
    ドライイースト ・・・・・ 3g
    牛乳 ・・・・・ 170ml

  
* カスタードクリーム *

全卵 ・・・・・ 40g
砂糖 ・・・・・ 70g
薄力粉 ・・・・・ 大さじ3 ( 27g )
牛乳 ・・・・・ 200ml
無塩バター ・・・・・ 10g
ラム酒 ・・・・・ 小さじ1
バニラエッセンス ・・・・・ 少々
    * トッピング用 *

    チョコレート ・・・・・ 少々
    上新粉 ・・・・・ 少々


  




カスタードクリームを作り、冷蔵庫で冷やしておく。

レンジで牛乳を沸騰寸前まで温めておく。 

鍋に溶き卵と砂糖を入れて泡だて器でよくすり混ぜ、さらに薄力粉をふるい入れ、
よく混ぜ合わせる。 牛乳を少しずつ加え、完全に混ぜ合わせる。

鍋を中火にかける。 木ベラで混ぜながら、とろみがつき、表面がプツプツと
煮立ってきたら火からおろし、無塩バター、ラム酒、バニラエッセンスを加え、
混ぜ合わせる。

クリームを保存容器に移し入れ、クリームの表面に沿ってラップをぴったりとかけ
あら熱がとれるまで常温で冷ます。 冷めたら、冷蔵庫に入れ、使う直前まで冷たく
冷やし固めておく。 ご自分のレシピでクリームを作られる方は、クリームの固さが
成形や出来栄えにとても影響するので、クリームは薄力粉100%で固めに作ってね。





ホームベーカリーの生地作りコースで、パン生地を作る。
生地が出来あがったら、打ち粉をふった作業台にとりだす。
30g×6コに分割後、残りの生地をさらに6分割する。
各生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きし、生地を外側から中心に
集めるようにして丸め、中心をしっかりつまんで閉じ、かたくしぼった
ふきんをかけ、8分休ませる。分割する数が多いので、生地が乾燥しない
ように、気をつける。 ベンチタイム中に冷蔵庫からカスタードクリームを
出してきて、適当に12等分しておく。








ベンチタイム終了後、小さい方の生地で頭、大きい方の生地で胴体を作る。
まず、頭を6コ作っておく。 小さい方の生地をめん棒で円形に押し広げ、
生地の中央にカスタードクリームをおき、包みながら丸める。
丸めた生地は乾燥しないように、かたくしぼったぬれふきんをかけておく。











大きい方の生地で胴体部分を作る。 生地をめん棒で楕円形に広げ、
クリームを生地全体に伸ばすようにぬる。 さらに 2つ折りにし、めん棒で
形を整え、さらに2つにたたんでスケッパーで3本切込みを入れる。
ここで多少、クリームが飛び出してきてもOKです。

















頭と胴体をくっつけて、天板に並べ、生地に軽く霧吹きし
オーブンの発酵機能を使い、二次発酵させる。








二次発酵後、生地に軽く、霧吹きし、少量の上新粉を茶こしで
ふりかける。多くふりかけすぎた時は、フーッと吹き飛ばしてください。
トッピングの上新粉は、ほんのり、軽くでOKです。








あらかじめ、オーブンを250℃で予熱しておき、予熱が完了したら
160℃に再設定する。すぐに庫内に霧吹きし、スチームを充満させ
そこに、パン生地を入れ、160℃で約20分、焼成。
写真のように、焼き色をつけないように白く焼きあげる。
オーブンによって焼き加減が微妙に違うので、焼成時間はご自分で
調整してください。











焼成後、生地のあら熱がとれたら、湯せんしたチョコを細く しぼり出し
顔に目や口などを描く。 クラムはふわんふわんで手で持っただけで
つぶれそうなくらい♪ クリームも口どけよく、パン生地によくあいます。





  Copyright © since 2004 Lela Rosa All rights reserved