Advertisement*













カイザーセンメル


            

     放射線状に5本の線が入った、ドイツのテーブルパン。 
     リーンな配合のパンなので、食事のおともや半分にわってサンドイッチにも
     おすすめ♪ クリームチーズとベリー系のジャムをサンドすると絶品です。
     今回は上新粉を成形時に使用したので、焼成後の皮の食感はパリッパリッで
     薄焼きせんべいのようですが、クラムはふわんふわんです♪


  

     強力粉 ・・・・・ 250g
     発酵バター ・・・・・ 5g
     砂糖 ・・・・・ 5g
     塩 ・・・・・ 5g
     ドライイースト ・・・・・ 3g
     水 ・・・・・ 160ml


     * 成形 ・ トッピング用 *

     上新粉 ・・・・・ 適量


  




ホ ームベーカリーの生地作りコースで、パン生地を作る。
生地が出来あがったら、打ち粉をふった作業台にとりだす。
分割した後、各生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きし、
生地を外側から中心に集めるようにして丸め、中心をしっかり
つまんで閉じ、かたくしぼったぬれふきんをかけ、10分休ませる。








ベンチタイム終了後、生地に上新粉をまぶし、各生地を手のひらで
軽く押さえてガス抜きし、生地を外側から中心に集めるようにして丸め、
中心をしっかりつまんで閉じ、かたくしぼったぬれふきんをかけ、さらに
10分休ませる。












生地を休ませた後、カイザーセンメル型で生地の中心をぎゅっと押す。
押し方が浅いと二次発酵〜焼成中に模様が薄くなるので、強めに押す。
でも、力任せに押しすぎると生地が切れてしまうので気をつけて!















成形した生地を9号サイズのアルミカップを平たくしたお皿の上に置き
室温でゆっくりと二次発酵させる。 夏場は室温で1時間くらい、春秋は
1時間半くらいを目安にしますが、時間よりも目で見て生地が約2倍くらいに
膨らんでいたらOKです。 発酵完了の目安は↓の写真を参考にしてください。 
ちなみにオーブンで発酵させると模様が薄くなります。











あらかじめ、オーブンを200℃で予熱しておき、予熱が完了したら
すぐに庫内にたっぷりと霧吹きし、スチームを充満させ、パン生地にも
たっぷりと霧吹きして入れ、200℃で約20分、焼成。オーブンによって
焼き加減が微妙に違うので、焼成時間はご自分で調整してください。







 一番上はちょうどいい感じにスタンプされたもの。
  左側はスタンプが浅かったもの。
  右側はスタンプが強すぎて生地が割れたもの。
  こんな風に違いが出てきます。




パン生地の外側は薄焼き煎餅のようにパリッパリッだけれど、
クラムはふわふわ〜♪ 焼成時間や焼成温度を変えれば
また違った食感のパンになるので、色々とお試しくださいね。
冷たくなったパンはトースターで軽く温めると、パリッパリッの食感がもどります。


  Copyright © since 2004 Lela Rosa All rights reserved