湯種ふんわりロールパン 


湯種生地で作るふわんふわんのロールパン♪
ちょこっと、手間ひまかかりますが、翌日も
ふんわり、しっとりクラムのロールパンは
やみつきになる、おいしさです。




 材料 9コ分


湯種生地
強力粉 70g
3g
熱湯    60ml

本種生地
強力粉         130g
無塩バター 20g
砂糖 15g
インスタントドライイースト 3g
牛乳 80ml














パンを作る前夜に湯種生地を作り、一晩、冷蔵庫で
寝かせておく。


湯種生地の作り方

ホームベーカリーのパンケースに強力粉、塩、熱湯を
入れ、「生地作り」コースで10分程度こねる。
生地が出来あがったら、打ち粉をふった作業台にとりだし、
生地を外側から中心に集めるようにして丸め、中心を
しっかりつまんで閉じる。 小さめのタッパー容器に入れ
あら熱をとる。 あら熱がとれたら、しっかりとフタまたは
ラップをして、冷蔵庫で一晩寝かせる。



あらかじめ作っておいた湯種生地をスケッパーで小さめに
切り、本種用の生地と一緒にパンケースに入れ、
「生地作り」コースでパン生地を作る。

生地が出来あがったら、打ち粉をふった作業台にとりだし、
9分割する。
生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きし、生地を外側から
中心に集めるようにして丸め、中心をしっかりつまんで閉じ、
かたくしぼったぬれふきんをかけ、10分休ませる。









バターロールの成形方法を参考に成形し、巻き終わりに
スケッパーで切り込みを3本入れて巻く。
成形した生地をオーブンの天板に並べ、軽く霧吹き後、
オーブンの発酵機能を使い、二次発酵させる。


ちょこっと工夫すれば、ロールパンも可愛くなりますよ♪
めんどくさければ、普通のロールパンや丸パンの成形でも。












二次発酵後、照りだし用のドリュールまたは、牛乳を
薄くまんべんなく生地にぬり、180℃に予熱しておいた
オーブンに入れ、約12〜13分焼成。
オーブンによって焼き加減が微妙に違うので、焼成時間は
ご自分で調整してください。


照りだし用のドリュール

とき卵 ・・・ 10g
水 ・・・ 小さじ1

* Copyright © since 2004 Sweet Country* All rights reserved *