PR














ルーレ・オ・ブール


ルーレ・オ・ブールとは、バターロールのこと。
本来は卵を入れますが、卵アレルギーのお子様用に卵を入れずに
練乳を入れ、卵を入れたパン生地とかわらないくらいのふわふわ感を出しました。照りだしも卵ではなく、牛乳を使いました。
クセのない味なので、そのまんまでも、また、お好きなものをサンド
してもおいしいです。

+++ 材料 ( 8コ分 ) +++

強力粉 220g
薄力粉 30g
パネトーネマザー 11g
(大さじ1と小さじ1)
無塩バター 30g
砂糖 20〜25g
5g
*有塩バター使用時は3g

  あわせて 合計180ml にする

┌ コンデスミルク (練乳) ・・・・・ 30g
│ 
└ 牛乳







ホームベーカリーのパンケースにバター、水分以外の材料を入れ
よ〜くかき混ぜる。バターを一番上に置き、水分を入れる。
パネトーネマザーは粉と一緒にパンケースに入れます。
けっして、イーストケースにセットしないでくださいね。
ドライイーストの生地作りコースで生地を作る。 





生地が出来あがったら、打ち粉をふった作業台にとりだす。
デジタルスケールで計量し、8分割する。
分割した生地を手のひらで軽く押さえてガス抜きし、生地を外側から
中心に集めるようにして丸め、中心をしっかりつまんで閉じ、かたく
しぼったふきんをかけ、10分休ませる。




▲ ベンチタイム終了後、台の上で転がして、写真のような
  しずく形にし、かたくしぼったふきんをかけ、さらに5分休ませる。



▲ 5分休ませた生地を台の上で転がして、写真のように
  さらに長いしずく形に伸ばす。ちなみに、向かって右側が
  伸ばす前で、左側が伸ばした後。




めん棒で、生地の中心から太いほうへ、中心から細いほうへと
半分ずつ伸ばして、平らなしずく形にする。




▲ 幅の広いほうから巻いていく。



ポイント!

きつく巻きすぎると、余裕がないために生地が膨らめず、
焼いた時に裂けたような割れ目が入ります。
反対にゆるすぎると、発酵オーバーになりやすく、生地が
だれてしまいます。これは頭で考えるより、回数を重ねることで
上手に巻けるようになるので、あきらめず何回も練習しましょう。






▲ オーブンの天板に並べ、軽く霧吹き後、オーブンの発酵機能で
  二次発酵させる。 (40℃で40分)



▲ 二次発酵後はこんな感じ。



▲ オーブンを180℃で予熱。生地の表面にハケで照りだし用の
  牛乳をやさしくぬる。180℃のオーブンで約13〜15分、焼成。





Copyright © since 2004 Sweet Country All rights reserved